アレクサンダー能美(野球好き)

アレクサンダー能美のブログです

横浜DeNAベイスターズ 4/21 東京ヤクルトスワローズ4回戦

4/21 対東京ヤクルトスワローズ 第4回戦

横浜 6 - 5 ヤクルト

 球場 神宮球場

 

勝ちました!

2連勝!!

延長戦を制しての勝利でした。

途中までは正直勝つと思ってなかったです...(期待はしてたよ...)

こういう試合を勝てるチームが強いチームなのかもしれないですね。

ということでどんな試合だったのかを振り返っていきます。

ベイスターズの先発はバリオスでした。成績は

3回 50球 被安打5 奪三振1 四球2 失点5 自責点5

でした。

3回を投げた時点で交代し先発としての役目を果たせませんでした。

バリオスは立ち上がりに不安があり今回も球が少し浮いていた印象です。

ただ交代させられた原因としては先頭への四球や暴投など自滅での失点が重なったためだと考えられます。

球がすごく速かったり圧倒的な決め球があったりするタイプではない選手なので自らの首を絞めるような投球ではイニングを稼ぐことはできません。

ストライク先行である程度は打たれてもタイミングやバットの芯を外して抑えていく選手だと思っています。

今回のような投球をしてしまうとウィーランドが復帰するタイミングなので枠の都合上ファーム行きになる可能性が出てきます。

これから今永、濱口も復帰するとなると外国人枠だけでなく先発の枠の争いも出てきます。

いったん抹消になることも考えられますがまだシーズンは長いので1軍で登板する機会があるはずです。

その時に先発か中継ぎか分かりませんがストライク先行の強気なピッチングを見せて欲しいです。

そしてバリオスの次に出てきたのが三島でした。

今日の三島はとてもいいピッチングをしていました。

ストレートはとても球威があるように見えました。

スライダーもかなりギュンと曲がりカーブもうまく使えていたと思います。

コントロールはいいとは言えませんが思い切りのいい投球ができていました。

三島がこの調子でいてくれれば今日みたいな日は三島に3,4イニング任せられるようになり中継ぎの疲労が軽減できそうです。

今日の投手MVPは三島で間違いないと思います。

もちろんそれ以降も0に抑えた中継ぎ陣は全員凄かったです。

 

続いて野手陣

今日は大量得点というよりじわじわ点を取り相手に嫌な印象を与えることができたと思います。

クリーンアップが全員ホームランを打ったというのも凄かったですが5回と9回に相手のミスが出たときに点を取ることができたのが勝ちにつながりました。

少ないチャンスをものにすることが強いチームだと思います。

最近は盗塁などでチャンスを作ることができるようになりました。

いままでより得点圏にランナーを置くことができていることでヒット数が少なくても効率よく点を取ることができています。

今日のようにあきらめず相手のミスをつきながら少しづつ点を取る野球ができれば優勝が見えてくるはずです!

 

最後に

f:id:alex3nohmi:20180422023227p:plain

中川大志と掛けてみました。